COLUMNSコラム

事業創り

「筋の良い課題」の見分け方

企業が提案制度等で寄せられる新規事業アイデアを選定する際には、 自社のリソースは活かせるか?市場はあるか?スケール可能か? 等様々な視点が存在しますが、それらに先駆けて必ず見極めなければいけないものがあります。
事業創り, 人創り

“普通の人”による事業創造をオススメする3つの理由

目まぐるしく市場環境が変化すると同時に、ライフスタイルや価値観がますます多様化する現代において、皆さんは企業内の事業創造は「誰」が担うのが良いと考えますか? ・経営陣肝いりで取り組む会社(サイバーエージェントのAbemaTVは藤田社長が自ら牽引しています)
仕組み創り, 書籍紹介

「感情マネジメント」から学ぶ〜新規事業の立ち上げに感情を持ち込む方法〜

michinaru株式会社で学生インターンをしている若林です。 「変化を起こす挑戦者を創る」というミッションの元、新しい事業を生み出す人や組織づくりについて日々勉強をしています。 今週は「感情マネジメント〜自分とチームの「気持ち」を知り最高の成果を生み出す〜」を読みました。
人創り, 仕組み創り

”重たい組織”に風穴をあけるもの -人の持つバイアスを活用し挑戦行動を後押しする-

この“重たさ”を乗り越えて、新たな事業を生み出す挑戦行動が起こる風土を創るために、【思いある同志が出会う非公式な場づくり】 について書きました。 今回は、そうした場づくりによって芽生えた変化の種を組織全体へと伝播させていくときに有効なアプローチについて書いてみます。
人創り, 書籍紹介

「両利きの経営」から学ぶVol.3 〜両利きのリーダーシップを実現する5つの原則〜

michinaru株式会社で学生インターンをしている若林です。 「変化を起こす挑戦者を創る」というミッションの元、新しい事業を生み出す人や組織づくりについて日々勉強をしています。 今回『両利きの経営』の第三弾を紹介していきます。
仕組み創り, 書籍紹介

「両利きの経営」から学ぶvol.2 〜既存事業とのカニバリゼーションを乗り越え新規事業を成功させる2つのポイント〜

michinaru株式会社で学生インターンをしている若林です。 「変化を起こす挑戦者を創る」というミッションの元、新しい事業を生み出す人や組織づくりについて日々勉強をしています。 今回も『両利きの経営』について紹介していきます。
事業創り, 書籍紹介

「両利きの経営」から学ぶvol.1 〜技術力や資産のある企業でも新規事業を生み出せない本当の理由〜

michinaru株式会社で学生インターンをしている若林です。 「変化を起こす挑戦者を創る」というミッションの元、新しい事業を生み出す人や組織づくりについて日々勉強をしています。 今回は事業創造に関する名著『両利きの経営』を読みました。
仕組み創り

”重たい組織”に風穴を開けるもの -非公式な場づくり-

強い成功体験を持つ成熟企業、声が行き届きにくい大規模企業ほど一朝一夕では変わらず、“組織の重たさ”がつきものです。 さまざまな取り組みや提案をすれど目の前に広がる自社の風土は遅々として変わらず、「挑戦風土創りは会社にとっても社員にとっても必要なもののはずなのになぜ、、、」と虚無感を感じることもあるかもしれません。
仕組み創り, 書籍紹介

「わかりあえなさ」から始める、新規事業を生み出す組織のつくり方

michinaru株式会社で学生インターンをしている若林です。 「変化を起こす挑戦者を創る」というミッションの元、新しい事業を生み出す人や組織づくりについて日々勉強をしています。 今週は『他者と働く「わかりあえなさ」から始める組織論』という本を読みました。
人創り, 書籍紹介

アイデアのひらめきを科学する

今回は「ひらめき」について面白い本を読んだので共有したいと思います。 ご紹介するお話しは「どうしてあの人はクリエイティブなのか?」byデビッド・バーカス著です。